ハワイクルーズ航海記



8日目(2003.10.17)


慌ただしき寄港 (寄港地:マウイ島)
朝起きた窓の外に、一日振りの島影を見ました。ずっと島影は見えているのですが、思うように近づかない感じがします。比べるものがファニング島とマウイ島ではあまりにも大きさに違いがあるせいかもしれません。

cruiseP09-001 cruiseP09-002
久々に見た島影 なだらかな稜線

マウイ島上陸は再入国扱いとなるため、船内で入国手続きをする必要があります。入国手続きといってもほとんどの乗客(米国在住者)にとっては国内旅行の延長みたいなものですから、ピリピリしているわけではなく、空港のような堅苦しいものでは全くありませんでした。ただし、混乱を避けるため(管理上の問題?)から、米国在住者とそれ以外の人々では会場を分けて行われました。

入国審査が終了したら、すぐにオプショナルツアーが出発します。マウイ島では「トロピカルプランテーションとイアオ渓谷巡り」にしました。寄港時間が短いのでオプショナルツアーもあまりこれというものが無く、ベタだとは思いつつもこれを選んだ次第です。マウイ島ではオプショナルツアーの他にカフルイ港〜ラハイナ間の無料シャトルバスが用意されており、これに乗ってラハイナ観光した人も多かったようです。

今回のツアーは行程が楽なせいか、ご年輩の方の参加が非常に多かったです(ほとんどそうでした)。しかしまぁ、お歳に関係なく皆様よく食べること。寄った先々でアイスやらお菓子やらを買い込んでは車中で食されておられました。

トロピカルプランテーション農園ではトラクターが牽引するトロッコに乗って園内を巡るものです。遊園地の乗り物の様でしたが、名前だけは知っている木の実や果物がどのように成っているのかを見ていくとこれが意外に楽しくて、最後は熱心に見入ってしまいました。あと、お土産の定番品である、マウアロアのマカダミアナッツの価格はここが一番ずば抜けて安かったです。

cruiseP09-004 cruiseP09-005 cruiseP09-003
ココナッツ マカダミアナッツ スターフルーツ

プランテーション農園の次はイアオ渓谷へ。ここは州立公園で、火山の浸食作用により出来た渓谷だそうです。ここは話しによれば古戦場の跡地でもあるそうです。

簡単にマウイ島(の一部)を巡ってきて港へ戻ってきましたが、出港までまだ3時間ほど時間があります。これからラハイナへ行けなくもないのですが、ラハイナでの滞在時間が余りなさそうな上に、暗くなってもう何も見えないので今回は断念することにします。港のすぐそばにあるマウイモールへの無料シャトルバスも出ているので、マウイモールに行ってみることにしました。

マウイモールから戻ってきて、夕食を食べ終わる頃にはもう出港していました。あまりに短い寄港だったので、印象が深くありません。ぜひもう一度行ってみたい思いました。

cruiseP09-006 cruiseP09-007
イアオ渓谷 その1 イアオ渓谷 その2



←前の日(7日目へ)   次の日(9日目へ)→


旅の記録
もくじに戻る