ハワイクルーズ航海記



6日目(2003.10.15)


ファニング島上陸! (寄港地:ファニング島)

今日はいよいよ今クルーズの目玉であるファニング島へ上陸する日です。普通の地図帳には載っていないくらい小さな島なのですが、丸一日何も見ていないとファニング島が大きく見えてしまいます。島とは言っても珊瑚礁のかけらが堆積した砂山状のものがいくつか並んでいるような感じで、ほとんど起伏はありません。ファニング島には月3〜4回程寄港するノルジャン号以外には年に1〜2隻の貨物船が立ち寄るくらいだそうです。実際行ってみると、よくまぁこんなところに人が住んでいるものだなぁと感心してしまいます。そんなファニング島ですから、産業といえば観光しかありません。定期的に寄港するノルジャン号の乗船客は最大のお得意さんなのです。


cruiseP07-001 cruiseP07-002
上陸用テンダーボート ノルジャン号全景

オプショナルツアーで間違って?予約してしまったツアーですが、どうやらこのチケットを持っている人は一般のお客さんとは違う、ツアー限定のプライベートビーチ(パナリビーチ)へ連れていってくれるようです。ただし、食事は通常の上陸地でしか用意していないとのこと。このツアー参加者は一般上陸乗客と違うところからテンダーボートに乗船します。ノルジャン号が停泊しているところからファニング島までは5分ほどだったのですが、外海のせいか結構揺れました。もう少し乗っていたら船酔いしたかもしれません。

船着場からパナリビーチまでは徒歩で5分ほどですが、その道すがらに地元の人が臨時の露天土産物屋を開いていました。どこも扱っている商品はほぼ同じで、貝殻を繋げてネックレスにした物や荒削りな木彫り人形、椰子の実を加工した物などです。本当に何もないところですから、素材はすぐそこで手に入るものばかりです。でもこれがファニング島らしさなのでしょう。ついでに言えば、彼らは全く商売っ気がありません。

椰子の林を通り抜けたどり着いたパナリビーチは、今までに見たことがないくらい青くて綺麗でした。簡単に「青い」と書きましたが、言葉では表現するのが難しく、何色と言えば本当の色を表現できるか分かりません。参考に写真を載せていますが、今持っているデジカメではこれが限界で実際はもっと輝いていました。

cruiseP07-004 cruiseP07-003
パナリビーチ ファニング島 その1
cruiseP07-005 cruiseP07-006
ファニング島 その2 ファニング島 その3


水上自転車をレンタルして沖まで出てみました。岸から数百m離れたと思われるところまで漕いでみても水の深さは腰の辺りまで。想像以上の遠浅のようです。あとはシート状の浮き輪にのってただぷかぷかと浮いて見たりしてのんびりと過ごしました。

それでも2〜3時間なんてあっと言う間に過ぎてしまうもの。名残惜しくはあるけれど時計も昼頃を指し、お腹も空いてきたので海遊びは切り上げて一般上陸地へ移動します。「ファニング島は絶海の小島だからやっぱり普通の島とは違うねぇ」などと感慨に耽っていたのもつかの間、一般上陸地へ来てみれば人人人だらけ。海岸にはいくつかゴミが浮いていたし、蠅がいたりして一気に現実に引き戻されてしまいました。ここを本当のファニング島だと思ってしまえば、おそらくそんなに印象に残らないと思います。綺麗なのだけれども、ワイキキビーチとそんな大差ないと思える程度ですから。

今後、ノルジャン号に乗られる方はぜひオプショナルツアーでパナリビーチに行ってみて下さい。本当にこれはお勧めします。(2004.10 現在、ファニング島に寄島するクルーズは運航されていないようです)

ランチはバーベキュー中心のカフェテリア形式です。品数と量は相変わらずアメリカナイズで何も言わないと食べきれないくらい盛りつけてくれます。どんな物でも多い少ないの意志表示はした方がいいと思います。

食事を終えたら船に戻る事にします。部屋に戻りシャワーを浴びてまずはさっぱりと。その後はエアコンの効いた部屋でしばしお昼寝です・・・。ですが、しばらくして目が覚めたらいまいち調子がよくありません。あれだけの炎天下で調子に乗って帽子もかぶらず居たせいでしょうか(もしかしたら、日射病に近いのかもしれません)。ファニング島でのバーベキューランチを控えめにしておいて船でもう一度改めて食べ直そうかと考えていたので、お腹は鳴るものの食欲があまり沸きません。考えた挙げ句、日本食レストラン「銀座」で「うどん」を食べることにしました。

日本食レストランと言いながら、日本人コックは居ません。ちなみにノルジャン号の乗務員約1000名の内、日本人は2人だけでどのどちらも女性アシスタント(レセプションとイベントスタッフ)です。入り口にあるメニューサンプル(ロウ製のあれです)も日本人から見ればとても怪しくいかがわしいものですが、怖いもの見たさもあり試すことにします。出てきたうどんは簡単に言えば、みそ汁の中に冷やむぎを入れた様な感じでした。われわれが知っている「うどん」とは違いますが、これはこれで十分頂けるもので少し安心しました。うどん以外にも焼きそば、餃子等いくつかの日本食メニューがありましたが、さすがに試していません。

夜になってもいまいち調子がよくないので夕食もマーケットプレイスで簡単に済ませました。今日は早めに寝ることにします。



←前の日(5日目へ)   次の日(7日目へ)→


旅の記録
もくじに戻る